富士山の世界遺産登録もあり、最近では登山人口がますます増えてきています。登山人口の最も多い世代をご存知ですか?

男性は65〜69歳、女性は60〜64歳とアクティブなシニア世代が多いんです。

しかし、この歳になってくると、いくら健康に気を使っていても体の悩みは出てきてしまいます。

60代のカラダの悩み
・30代〜40代と比べて体力が低下して山を登るのがシンドイ。翌日に疲れが残る。
・尿もれや頻尿になってしまい、トイレが気になって登山を楽しめない。

 

このサイトでは、「体力」「尿」「膝痛」の3つのテーマを軸に、サプリメントを活用して登山をサポートするための情報を発信しています。

「最近しんどくなってきたけど、歳をとっても登山を続けたい。」

「登山が好きだったのに悩みが原因で山から離れてしまった。」

そんな悩みをお持ちの方に役立つ情報をまとめます。

▼▼当サイトのメインコンテンツです▼▼

バテないシニアになるために必携のオススメ登山サプリ・携行食まとめ

近年は登山ブームということもあり、50代〜60代の登山人口が急速に増えてきています。あなたの周りでも登山が趣味という方がいると思います。そうした方に誘われて、シニアから登山デビューする方は少なくありま ...

続きを見る

頻尿でも大丈夫!登山を楽しむためのセルフケアと対策まとめ

最近は登山を趣味にするアクティブな50代、60代が増えてきています。 まだまだいけるぞ!と思いつつ、どうしてもカラダに変化は生じてしまいます。 特に、山を登る女性にとって悩みになりがちなのは頻尿です。 ...

続きを見る

登山の膝痛対策として自分ですべきこと。医者に頼りきりでは解決しない!

「登山が好きなんですが、最近膝が痛くて〜」と整形外科にいったことはありますか? レントゲンや触診はしてもらえるものの、湿布や痛み止めを処方され、 「様子をみましょう。」 で終わってしまうことは、実はた ...

続きを見る

体力の悩み

ピークを過ぎると体力や筋力はどうしても低下してきてしまいます。登山経験者でも「30代の頃はガツガツ登っても平気だったのに…」という方は多いですし、60代から登山を始める方にとっては体力が持つかどうかは心配事のひとつでしょう。

でも、登山はマラソンのようにタイムを競うわけではなく、自分のペースで景色や会話を楽しみながら登ればいいんです。体力が落ちてしまっていても、その体力に準じた楽しみ方があります。

そうは言っても登山には体力を使いますし、軽い山でも疲労は溜まります。少しでも翌日に疲れを持ち越さないために、サプリメントの活用は効果的です。

「登山前」「登山中」「登山後」にわけて、紹介します。

登山前のサプリメント

登山中にバテてしまう原因の一つが、エネルギーの枯渇です。
「糖質」「脂質」「たんぱく質」の3大栄養素がカラダのエネルギー源となります。

糖質はエネルギーになりやすいですが、カラダに蓄えておける量が少なく、脂質はエネルギーになりにくいですが、たくさん蓄えておけるという特徴があります。

たんぱく質は糖質が枯渇したときに、筋肉などが分解されてエネルギーになります。こうなってしまうと、バテてしまいます。

そうならないためにも、朝飯でたんぱく質を十分に取ることができればいいんですが、たんぱく質は分解までに3〜4時間かかってしまいますし、まとめて摂取すると消化不良で登山中にお腹を壊す危険性もあります。

そこで、たんぱく質が分解して生成されるアミノ酸を摂取することで、30分程度でカラダに吸収させ、エネルギー源として使うことができます。

ポイント
・登山前にはアミノ酸を摂取して、エネルギー源として使う!
・アミノ酸は30分程度で吸収されるため、サプリメントでの摂取が効率的!

 

登山中のサプリメント

ミネラル

登山中は汗でカラダのミネラルが失われてしまいます。ミネラルが不足すると、筋肉のけいれんを起こす原因になります。
電解質である、ナトリウムやカリウムを摂取することが必要です。

基本的にはスポーツドリンクに含まれているので、こまめに少量ずつ摂取しつつ不安な方はミネラルのサプリメントを飲んでおくといいですよ。

糖質・アミノ酸

登山中もエネルギー源として、糖質やアミノ酸を摂取することが大事です。

ジェル飲料などの携行食を使って、空腹を感じる前に摂取してください。

登山後のサプリメント

アミノ酸

登山後にもやっぱり出てきます。アミノ酸。

登山で酷使した筋肉は傷ついた状態にあります。これを修復するためには、アミノ酸が必要なんですが、エネルギー源として消費されてしまっていては修復が効きません。

筋肉を修復させるための材料をきちんとカラダに供給してあげることが重要です。

オススメアミノ酸サプリ

カツサプ

アミノバイタル

尿のサプリメント

登山人口の増加に伴いトイレの整備は進んできましたが、それでも次のトイレまで1〜2時間かかることはザラにあります。

マナーはさておき、男性は立ちションしちゃいますが、女性はそうもいきませんよね。登山のトイレ問題はみんな気にしています。

特に60代になると尿のトラブルを抱える方が増えてきます。「トイレを我慢できないから登山を諦める。」「トイレが気になって登山に集中できない。」となってはもったいないです。

「尿の悩みは歳だから仕方ない」「死ぬわけじゃない」と甘く見ずに病院の早期受診やセルフケアを大切にしてください。

ここでは、サプリメントによるセルフケアについて説明します。

尿トラブルの原因の多くは、過活動膀胱と骨盤底筋のゆるみです。

骨盤底筋のゆるみは、筋力の低下が原因なのでトレーニングが必要ですが、過活動膀胱については効果をうたったサプリメントが発売されています。

サプリメントを選ぶ際には有効成分に着目してください。イソサミジン、かぼちゃエキス、ノコギリヤシ、クランベリーあたりがキーワードになります。

女性にオススメ!ナチュラエース

ナチュラエースは缶コーヒーで有名なダイドーのサプリメントです。

有効成分には、「イソサミジン」「かぼちゃエキス」が含まれており、女性に嬉しい「クランベリー」「黄金ショウガ」「亜鉛」「ビタミンE」も配合されています。

トイレトラブルに悩む女性向けとして作られていサプリは、わたしの知る限りこれだけです。

サプリメントは医薬品のように、即座に違いがわかるわけではありません。登山シーズンのはじまる2〜3ヶ月前を目安に飲み始めることをオススメします。

サプリメントにはお得に購入するコツがあります。定期購入であればキャンペーンを実施しており、30%オフで買うことができます。

本気で体質改善に取り組むのであれば、数ヶ月間は飲み続けることが望ましいです。そのため、定期購入で申し込んでしまった方がトータルコストは安くなります。

男性にオススメ!ノコギリヤシ

男性は「立ちションをすればいいや」と割り切る方もいますが、マナー的にはNGです。なにより、そのまま放置して悪化させてしまうと日常生活にも悪影響がでてしまいます。

夜中に何度もトイレに起きることで睡眠不足になったり、オムツが必要になるケースもあります。

泌尿器科の受診が第一ですが、セルフケアを頑張れるのであればサプリメントはあなたの助けになってくれます。

男性の尿トラブルの原因は女性とは少し異なり、前立腺肥大が原因になることともあります。前立腺が膨らんで膀胱を圧迫することで、溜める量が少なくなったり、刺激によってトイレが近くなるんです。

男性と女性でキチンと使い分けることがポイントですね。旦那さんの立ちションが嫌だ!という方は試してみてはいかがでしょう。

男性には男性向けのサプリメントがあるんです。

更新日:

Copyright© シニアのための登山サプリナビ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.